日本人としての本能

戸建て賃貸は、供給がそれ程充実しないのに、重要が拡大していることが最大なるチャンスといえます。やっぱり、日本人は、戸建て賃貸の夢を持っていることは昔から変わらないようです。しかし、現実なかなか戸建てを購入することが出来ず、夢をあきらめてしまっているかといえば、実際にはまだまだ夢を追い求めている人たちが多くいます。

やっぱり、マンションなどでは、足が地につかない思いもあるのではないでしょうか。最近ではマンションのようなお墓(納骨堂)というものも登場して来ているようですが、それも何かまだ違和感を残し、本来の墓がいいと思っているのも同じです。

日本は土地が狭く、自由でないからこそ、尚更土地に本能的に拘りを持っているのかもしれません。庭が存在しているということは、とても素敵なことです。日本の土壌と、生活が繋がっている自覚をしながら生活をすることが出来ます。

だから、戸建て賃貸投資をすれば、駅から多少遠い物件でもすぐに借り手を見付けることが出来ます。特に、結婚をして子供さんが出来たファミリーが、そのような欲求にかられる傾向があります。そのようなファミリーは駅から近い物件よりも、生活環境の良い落ち着ける物件をより求めるようになるからです。