戸建て賃貸は、供給がそれ程充実しないのに、重要が拡大していることが最大なるチャンスといえます。やっぱり、日本人は、戸建て賃貸の夢を持っていることは昔から変わらないようです。しかし、現実なかなか戸建てを購入することが出来ず、夢をあきらめてしまっているかといえば、実際にはまだまだ夢を追い求めている人たちが多くいます。

やっぱり、マンションなどでは、足が地につかない思いもあるのではないでしょうか。最近ではマンションのようなお墓(納骨堂)というものも登場して来ているようですが、それも何かまだ違和感を残し、本来の墓がいいと思っているのも同じです。

日本は土地が狭く、自由でないからこそ、尚更土地に本能的に拘りを持っているのかもしれません。庭が存在しているということは、とても素敵なことです。日本の土壌と、生活が繋がっている自覚をしながら生活をすることが出来ます。

だから、戸建て賃貸投資をすれば、駅から多少遠い物件でもすぐに借り手を見付けることが出来ます。特に、結婚をして子供さんが出来たファミリーが、そのような欲求にかられる傾向があります。そのようなファミリーは駅から近い物件よりも、生活環境の良い落ち着ける物件をより求めるようになるからです。

現在、賃貸アパートやマンションの空室率は上昇している傾向があります。ちょっと今までの時代とは変わったという言い方をしてもいいのかもしれません。今までは、黙っていても、すぐに次の入居者を見付けることが出来たのです。大掛かりなリフォームや修繕を行わないと契約まで至らないというケースも次々と誕生している状況です。

人口の減少や、新築を過剰に供給しているなどいろいろなデメリット要素があります。今後もしばらく、そのような問題は解消するには至らないことが予測できます。

しかし、そのような環境において賃貸物件の中で空室率が平均よりもかなり上回っている建物があり、それが戸建て賃貸です。今は戸建て賃貸投資に向きあっている人たちが多いというのも頷ける話です。空室率3%、4%という状態が未だ、戸建て賃貸には続いている状態です。

現在戸建て賃貸需要というものもどんどんアップしています。利回りが低く投資額回収が遅くなる戸建は敬遠されがちであり、基本、賃貸市場にはアパートやマンションが供給されてしまうものです。市場自体に戸建賃貸の供給が少ないから、需要が高く、更に、日本人は戸建てを購入して求めたいと気持ちが強いものの、 景気の悪化などの原因により希望は満たされず、それでも戸建てを持ちたい欲求から戸建て賃貸で妥協をしているようです。

不動産投資についてどのような方法を考えているでしょうか。戸建て賃貸も投資の一つの方法です。戸建賃貸は一軒家を賃貸システムで住むことができる方法を言います。しかし、世間には、戸建て賃貸なんてするものじゃない、戸建ては買うものだというモチベーションもない訳ではありません。ただし、実際にフタを開ければ、マンションと比較してもあまり差がない程度なのです。今だからこそどんどん戸建て賃貸需要も高まっているようです。戸建て賃貸も投資の方法の一つとして十分に考えることが出来ます。

戸建て賃貸ではなく、購入がいいという人たちも、簡単には戸建てを購入することなんて出来ない……という人たちがほとんどです。ローンを組めば、将来的に大きなツケに悩まされることになり、ローンが嫌だから、戸建て賃貸でしのごうという思いの人たちもいます。

一戸建てを購入した場合と比べ、賃貸した場合の初期費用・ランニングコストは圧倒的に安く済ますことが出来ます。購入が実現出来ないでも賃貸なら可能です。

マンションやアパートを賃貸するのとルールは変わらないので、 1ヶ月の賃貸料、敷金、礼金、その他管理費程度です。しかし購入という場合には、初期費用としては最低でも300万円前後のお金が必要になってしまうことになります。固定資産税が掛からないというのも大きなメリットです。修繕費などにもお金がかからないです。そして、引越しによるリスクがないというのも、戸建賃貸の大きなメリットです。