戸建て賃貸のメリット

現在、賃貸アパートやマンションの空室率は上昇している傾向があります。ちょっと今までの時代とは変わったという言い方をしてもいいのかもしれません。今までは、黙っていても、すぐに次の入居者を見付けることが出来たのです。大掛かりなリフォームや修繕を行わないと契約まで至らないというケースも次々と誕生している状況です。

人口の減少や、新築を過剰に供給しているなどいろいろなデメリット要素があります。今後もしばらく、そのような問題は解消するには至らないことが予測できます。

しかし、そのような環境において賃貸物件の中で空室率が平均よりもかなり上回っている建物があり、それが戸建て賃貸です。今は戸建て賃貸投資に向きあっている人たちが多いというのも頷ける話です。空室率3%、4%という状態が未だ、戸建て賃貸には続いている状態です。

現在戸建て賃貸需要というものもどんどんアップしています。利回りが低く投資額回収が遅くなる戸建は敬遠されがちであり、基本、賃貸市場にはアパートやマンションが供給されてしまうものです。市場自体に戸建賃貸の供給が少ないから、需要が高く、更に、日本人は戸建てを購入して求めたいと気持ちが強いものの、 景気の悪化などの原因により希望は満たされず、それでも戸建てを持ちたい欲求から戸建て賃貸で妥協をしているようです。